読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーズワン 火星移住への道

応募者総数 20万2586名 => 一次選考通過 1058名 => メディカルチェック通過 705名 => 660名 二次選考通過 100名 => 三次選考へ

Header image: Courtesy of Bryan Versteeg and Mars One www.mars-one.com. All rights reserved.

2018年火星に行くのはどの大学のプロジェクト?

 2018<br /><span>Demo & Comsat<br />Mission</span>

2018年、マーズワンは火星に向けて最初の無人ミッションを送ります。搭載するペイロードのひとつは、世界中の大学から募集した研究プロジェクトです。 最終選考に残った10件のプロジェクトからひとつを選びます。

 

 このミッションに使用する着陸機(ランダー)は、ロッキードマーチン社が開発したフェニックスランダーを使います。 同時にマーズワン初の1個目の通信用衛生も火星軌道上に送り火星との通信を確立します。 マーズワン独自の調査のための機器も搭載します。

 

ところで、どの大学の研究プロジェクトを火星に送るのかは、皆さんに投票で決めてもらいます。 各研究プロジェクトの要約が以下のリンクに説明がありますので、読んでみてください。 それぞれおもしろそうな研究プロジェクトなので、選ぶのが難しいです。 31日の大晦日まで投票を受け付けています。 発表は新年の1月5日!

 

マーズワンニュースレター12月号 みんなで選ぼう! 2018年どの研究プロジェクトを火星に送ろうか?

 

残念ながら、日本の大学からの応募は無かったようです・・・(私の広報活動が足りなかった)。