読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーズワン 火星移住への道

応募者総数 20万2586名 => 一次選考通過 1058名 => メディカルチェック通過 705名 => 660名 二次選考通過 100名 => 三次選考へ

Header image: Courtesy of Bryan Versteeg and Mars One www.mars-one.com. All rights reserved.

Mars One: Humanity's Next Great Adventure が出版された!

My original book review (in English) can be found at www.amazon.com . 

 

                                                

 

マーズワンはいつも論争の真っただ中にいる。 今までにないユニークな候補者の選考方法、通常の宇宙開発プロジェクトでは使われないビジネスモデルなど、批判され、そしてよく誤解されている。 この本の出版で、少し誤解がとければいいなと候補者の一人として思っている。

 

マーズワンは、国籍にかかわらず、広く一般の人々に火星へ移住するというチャンスを与えた。 ”マーズ100の候補者の心の中”という章を読むと、個人的には会ったこともない彼らの気持ちや考えを何か共有できるだろう。 スーパーマンでもない、スーパーウーマンでもない皆さんと同じ彼らを何となく身近に感じるだろう。 マーズワン応募者の言葉が本書全体にちりばめられている。 それらがこのプロジェクトをもっと個人的なもの、身近なものに感じさせている。 応募資料から引用された彼らの言葉でこのマーズワンプロジェクトが人類の火星移住を目的にしていることを改めて思い出させてくれる。 このマーズワンは人類のための、皆が参加するプロジェクトだということを。

 

本書全体で中心となるテーマは、人間という要素、”ヒューマンファクター”だ。 ロケットエンジンの燃料の種類や火星基地の建築の詳細を知りたい方が読むとがっかりするだろう。 マーズワンプロジェクトを様々な面から、各分野の専門家が率直に意見を述べている。 技術、医療、健康・フィットネス、多文化、チーム力、男女の関係、年齢、法律、エンターテイメントなどの分野から多角的に分析する。 専門家が書いているからといって、気後れするには及ばない。 一般向けに書かれているので分かり易く、宇宙に興味がある方たち、チームで仕事をするような環境に置かれている方たちにとって、興味深く読めるに違いない。 もしあなたが将来地球外に移住しようと企てているのなら、ちょうど良いガイドブックになるかもしれない。

 

私たちは毎日当たり前のように過ごしている。 水、空気、太陽の日差し、食物、重力、家族、友人、職場の同僚など、普段あまり深く考えていないかもしれない。 でもこれらはとても特別なことなのかもしれない。 この本”マーズワン:人類の次なるグレートアドベンチャー”が、私たちの日常に新たな興奮や新しい視点をもたらしてくれればと思っている。

 

この本をすべての年代の方々におすすめしたい。 特に10代のみなさんには読んでほしい。 将来彼らが大人になる頃には、地球に住むのか、他の惑星に住むのか、選択できるからだ。

 

By マーズシェフ

この書評のオリジナル(英語)は、アマゾンドットコムに掲載されています。

*注

現在、本書は英語のみで出版されています。 もし日本語翻訳をご希望される出版社の方は、マーズワン財団 広報 press@mars-one.com までご連絡くださるようお願い申し上げます。