読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーズワン 火星移住への道

応募者総数 20万2586名 => 一次選考通過 1058名 => メディカルチェック通過 705名 => 660名 二次選考通過 100名 => 三次選考へ

Header image: Courtesy of Bryan Versteeg and Mars One www.mars-one.com. All rights reserved.

火星へ行くファイナル4人を選ぶには

マーズワン 情報 マーズワン 選考プロセス

f:id:etsuko4mars:20151113043326p:plain

”マーズ4”を選ぶ

by Vince on Thursday, 12th November 2015 in Astronaut Selection

前回は、 100人から正式に訓練を受ける24人はどのように選ばれるのを説明した。 引き続き、マーズワン候補者選考責任者のノルバート・クラフト博士に、火星へ行く最終の4人はどのように訓練され、選ばれるのかをきいてみた。 Dr. Norbert Kraft’s Biography

 

これから応募者20万人以上の中から24人を選ぶことになる。 訓練と選考方法については、これから(マーズワンのトレーニングについての)放映権を持つことになる組織と話をつめていくことになる。 訓練の課題によっては、他よりもビジュアル(視覚的)に適しているものがあるからだ。  しかし、チームが学ばなければならない事柄については、我々がよく知っている。 

 

基礎訓練は、”マーズ24”(訓練に入る24人)がマーズワンの訓練施設で共同で生活し、勉強することになる。 彼らの家族も一緒でもかまわない。 毎年、この24人は火星での自給自足に必要とされる技術と知識を学ぶ - 医学、歯学、農業、電気、政治学、法律などである。  毎年9ヶ月間は一緒に訓練を受ける。 チームメンバーは世界中から選ばれることになるから、いくつかの訓練は各メンバーのホームカルチャーで行われることになるだろう。  例えば、候補者がロシア出身の場合は、その候補者のチームはロシアでしばらく過ごし、 ロシアの文化に馴染むことができる。

 

一年のうち3ヶ月間は、他のチームと競争することになり、これはちょっと手ごわいだろう。 4人で構成された6チームが、9ヶ月間学んだ後、課題に挑戦する。 各チームがお互い競争することになるが、時には2チームが協力しなくてはならないこともある。 これは非常に重要なことだ。 最初のチームが火星に到着した後、次の新しいチームを送ることになる。 すでに火星に定着し人間関係を築いたチームは、次に来る新しいチームをどのように迎え入れるのかを考えなくてはならないからだ。  

 

彼らが競争している時、課題に取り組んでいるときのチームダイナミクスとどのように成功に導いたのかを我々は観察する。 どのように上手くやっていくのか、または解決できない問題があるとき、どのように対処するのか?  どのようにチームが気持ちを切り替えまとまっていくのか? また、解決できない問題に直面したとき、どのようにチームとしてのアプローチの方法を変えていくのか? 各チームは自分達のアプローチの方法を選ぶことになるーアナーキー状態(リーダーがいない)、軍隊方式、民主方式、すべて使えるだろう。 しかし、他のチームより良いパフォーマンスを出さなくてはならない。 異なる課題ごとにチームアプローチの方法を変えていくのはとても重要だ。 この適応能力が、火星での過酷な環境で生きていくために必要なのだ。 チームは、課題によってこの能力を養い、経験を通してこの能力を高めていくことになる。

 

各チームには特定の専属トレーナーが付くことになり、各チームは訓練を続けるために競争を続けていくことになる。 つまり、いくつかのチームは競争の後、訓練から離脱することになる。  マーズワンが新規の応募者の受付けを開始すると、新しいチームが加わることになるからだ。

 

勝ち残っていくチームの決め方だが、毎年5つの投票によって決めていくだろう。 最初の投票は、チーム競争に勝つことから1票が得られる。 3票は、課題分野の専門家によって判断される。 残り最後の1票は一般投票によって決められ、複数のチームが同点の場合には勝敗を決定するタイブレーカーとなる。

 

なぜマーズワンはこのような重要な選考に一般投票を加えるのかと疑問に思われるかもしれないが、 マーズワンは人類全体のミッションであるという事実がある。 彼らが火星へ行くとき、彼らは我々人類全体を代表していくのである。 誰が人類の代表にふさわしいのかを決定するとき、一般投票も含める必要がある。

 

Story by Vincent Hyman, a writer and Mars One volunteer living in St. Paul, Minnesota, USA.

(注*上記は、読者の皆さまの利便性を考慮し、私個人が日本語翻訳いたしました。マーズワン財団が承認したものではありません。 翻訳の内容に疑問をもたれる方は、以下原文をご参照いただければ幸いです。もし翻訳に誤りなどがございましたら、コメント欄にてご指摘くださいませ。 ご協力ありがとうございます。

The story above is the Japanese translation of  the story below.  It has been prepared for the convenience of Japanese language readers.   It is "not" the official translation approved by Mars One.   If you have any questions about the translation,  please refer to the original English page. 

community.mars-one.com