読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーズワン 火星移住への道

応募者総数 20万2586名 => 一次選考通過 1058名 => メディカルチェック通過 705名 => 660名 二次選考通過 100名 => 三次選考へ

Header image: Courtesy of Bryan Versteeg and Mars One www.mars-one.com. All rights reserved.

宇宙飛行士には何が必要か?

 

WHAT MAKES YOU AN ASTRONAUT  By KEN JOHNSTON.

宇宙飛行士には何が必要か?   

元アポロ計画テストパイロット、マーズワン候補者 ケン・ジョンストン

 

f:id:etsuko4mars:20140802084935j:plain  写真左:ケン・ジョンストン氏  Photo: Dr. Ken Johnston

アメリカの最初の宇宙飛行士についてちょっと考えてみよう。 どんな資質が最初の宇宙飛行士として必要だったのか、我々マーズワン候補者の705人とはどうちがったのか?

アメリカの7人の宇宙飛行士については皆が知っているように、彼らは、全員軍のパイロットで戦闘経験があった。 生命の危険に直面し、生き残った。 彼らには、いわゆる”ライトスタッフ”、必要な能力が備わっていた。

 

ドナルド・スレイトン、 スコット・カーペンター、ゴードン・クーパー、ジョン・グレン、ウォルター・シッラ、アラン・シェファード、バージル・グリソム 彼らが最初の宇宙飛行士として選ばれた時、人間が宇宙空間に飛び出すと、生き残れるかどうか全く知らなかった。 ましてや無重力空間でどうなることか想像もつかなかったのである。

 

さて、我々705人は”ライトスタッフ”があると思っている。 しかし、我々の多くはジェット戦闘機のパイロットとしての経験などない。 自分の生命を危険にさらしてまで火星へ行き、さまざまな出来事を生き抜き、火星を新たな故郷にするには、本当にそんな経験が必要なのか?  私は”NO”と、はっきり言える。

 

我々以前の彼らの努力、訓練、経験、知識 のおかげで、我々は火星に行き、新たな故郷にできるのだ。 第一世代の宇宙飛行士が、何を学び、どんな訓練を受けて宇宙に飛び出したのか? 我々マーズワンの705人は、火星に行く前にどんなことを学ばなくてはいけないのか? ちょっと考えてみよう。

 

アポロ宇宙飛行士以前の訓練とは? 

全員がテストパイロットである(女性は約20年間選ばれなかった)。 いわゆる"A型"タイプの個人で、互いが競争して宇宙に行く順番を競った。

 

彼らの訓練は、すべてが機器などの技術的なこと、任務、研究関連など。 各飛行訓練期間の初めには、誰がボス(指揮官)になるのかあらかじめ理解していた。 仲間同士で上手くやっていけるかどうかなど、疑問にも思わない。 彼らは、軍人であり、命令を受けたり、命令することについて慣れていた。

 

彼らは、宇宙船の操作方法を学ぶ訓練生であった。 我々のようにコンピュータの助けなど必要なかったのだ。  各フライト訓練は、とても短いものだったので、訓練生が仲間同士で仲良くやっていけるかどうかなどは微塵も考えなかった。 だが、我々マーズワンが火星に行くときはそうではないだろう。 

 

私が宇宙飛行士の候補生に応募したとき、NASAは選考基準を変更した。 今度は、熱血タイプのジェット機パイロットよりも、科学者、博士タイプを探していた。  いくら私が仕事ができるとわかっていても、博士号のない私は選ばれなかった。 博士号を取得して、再度応募したときには、年をとり過ぎていた。

 

マーズワンの訓練とは?

 

我々マーズワン候補者が、訓練をはじめるとき、アポロ時代の訓練とは大きくちがうことを発見するだろう。

大学時代に戻ったように、医歯学、地質学、天文学、生物学、農業、その他火星で生き残るには必要だと思われるあらゆる科目を勉強することになるだろう。 さらに、狭い閉鎖空間で仲間同士がどのように行動生活すればいいのかを学ぶだろう。

 

ある研究によれば、閉鎖空間において、6週間、高ストレス下におかれた場合、さまざまな心理的な問題が出てくるといわれている。  だから、毎年3ヶ月間、火星で生活しているような疑似訓練をするのだ。

 

想像してみよう。 火星での生活は、西へ西へと向かった我々の先祖が直面したように、すべてが困難を極めるだろう。  そして、”ホーム”ができたのだ。 火星は我々のホームになるのかまたは墓場か?

 

4人の新たなチームが到着するたびに我々の生活は良くなるだろう。 仕事量は、ある分野においては負担が軽くなるだろう、だが他では多くなるかもしれない。 しかし、最後には火星にホームができるのだ!

”火星人”になるための訓練時期が近づくにつれて、常に覚えておきたいのは、我々は異なる任務を背負った現実の宇宙飛行士であるということだ。 我々が達成することは、本になり、人類の歴史になり、永遠に残るのである。 熱意、興奮、決意とともに直面しようじゃないか。 さあ、火星へ行こう!

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

* The above article have been translated into Japanese and shared on this blog with the permission from Dr. Ken Johnston.

*ケン・ジョンストン氏から許可を頂き日本語に翻訳し掲載しています。

以下原文

KEN JOHNSTON.

WHAT MAKES YOU AN ASTRONAUT

 

Just think for a moment about our first ASTRONAUTS. What did it take to make them qualify to be called an astronaut, and how did they differ from those of us in the 705 that have qualified to be known as the Mars One Astronaut applicants.

We all know about the first 7 USA astronauts. They were all military trained jet pilots with combat experience. They had faced life and death situations and survived. They had what was called “THE RIGHT STUFF”.

When Donald K. Slayton, Scott Carpenter, Gordon Cooper, John Glenn, Jr., Walter Schirra, Jr., Alan Shepard, Jr. and Virgil Grissom were selected to become our first astronauts we (the people) had no idea if we could survive being launched into space, let alone live in a zero-g environment. They were being asked to risk their lives to find a way to do all these things so that America could be the first country to land a man on the moon and return him safely to the Earth.

Now there are 705 of us that think we have the “RIGHT STUFF”, but I doubt that many of us have jet fighter pilot experience, but do we really need that to make us qualified to risk our lives to travel to another planet and survive all the elements to make it our new home? I say NO!

Because of all the effort, training, experience and knowledge gained by those HEROS that have gone before us, we will be able to go to Mars and make it our new home. Let us take a quick look at what they had to do to train for their missions into space and then look at what we can expect to learn before we can go to MARS!

PRE APOLLO ASTRONAUT TRAINING:

These guys (there were no women selected into the space program for almost 2 decades later) were all test pilots. Every one of them, were Type ‘A’ individuals, competing with each other for every slot to go into space.

Their training was almost all technical about the equipment, the missions, research, etc. When it came to working together on a mission, it was understood at the beginning of each flight training period, who was going to be the “boss”, the commander of the mission. There was never a question about whether or not they could get along, they were military men and they knew how to take orders as well as give them. They were trainee how to fly their spacecrafts and did not have to rely on just computers like we will, even for our landing. When you take into consideration that every flight was actually a very short period of time, the NASA HEADS didn't think about how they got along. That is not the way it will be for us going to MARS. When I was up for selection as one of NASA’s astronauts, they changed the game. They didn't want the “Jet Jock” type with the “Full Steam Ahead” no matter what attitude, they wanted PhD. Scientist, and so even though I had trained and could do the job, I wasn't selected. Then after I got my first Doctorate and re applied they said that I was too old.

MARS ONE ASTRONAUT TRAINING:

Those of us that make it into Round 3 and start training will find it entirely different than the Apollo astronauts had. We will have times where we are right back in college training in a specialty, like medicine, dental, geology, astronomy, biology, horticulture, and just about any subject you can think of that would help us survive on Mars. We will have to train in how to live together in a very limited space.

Studies have shown that after about 6 weeks of confinement under very stressful situations, all sorts of psychological problems start to come out. When you think about the fact that we will spend 7 to 7 and a half months stuck in a very small ship, it is going to take a lot of “give and take” to get along over that journey. Then after we land on Mars the work really begins. We will have to rely on each other to stay alive. The work load will be tremendous and we will not be able to go off the deep end. That is why we will spend 3 months out of each year in a simulated habit like we will be living in on Mars.

Let’s face it, life on Mars to start with will be every bit as difficult and challenging as some of our forefathers had to face when they moved WEST and started homesteading a small piece of ground they called home. Mars will be our home or our cemetery!

Life will get better each time we have a new team of 4 arrive. The work load may get lighter in some areas and even heavier in others, but ultimately we will have our HOME on MARS!

So, as we approach the training period for us Martians to be, we should keep in mind that we are very much, in every way REAL ASTRONAUTS with a different kind of mission. What we accomplish will be in books and history for all mankind and will last forever. Let’s face it with enthusiasm, excitement and determination. LET’S GO TO MARS!