読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーズワン 火星移住への道

応募者総数 20万2586名 => 一次選考通過 1058名 => メディカルチェック通過 705名 => 660名 二次選考通過 100名 => 三次選考へ

Header image: Courtesy of Bryan Versteeg and Mars One www.mars-one.com. All rights reserved.

自己紹介 Profile

自己紹介 Profile

    和食シェフ、火星を目指す!   - 火星で寿司屋は開けるのか? - 

 

f:id:etsuko4mars:20100829225254j:plain

10歳の時、初めて天体望遠鏡を手にする。 天文ガイドを愛読し、毎晩、火星ではなく大きくて見つけやすかった木星ばかりを見ていた。 大学では当初考古学を専攻、運よく奨学金がもらえアメリカへ留学。 初めてインターネットの原型と出会い、コンピュータサイエンスの魅力に惹かれ、卒業。 約20年ほどIT関連の仕事をする。  仕事もプライベートもとても楽しかったので、子供の頃の夢はすっかり忘れてしまっていた。 当時仕事の出張中、プライベートの旅行中に世界中のさまざまな “なんちゃって”日本食に遭遇し、和食の将来に危機感をもつ。 このまま放置してはいけないと、北陸の金沢で料理の勉強、調理師免許を取得。 2011年から和食シェフとして海外で “変な”日本食を直すことを実践中。 現在メキシコ在住。 

 マーズワン応募のきっかけ:

2013年南米大陸最南端チリ・プエルトウイリアムズでの滞在中、マーズワンプロジェクトのことを知り、それまで忘れていた子供の頃の夢をはっと思い出す。その時、目の前に見えたビーグル海峡、あのチャールズ・ダーウィンが記憶の奥で眠っていた思いを掘り出したのかもしれない。 

人類の歴史の中で、まさか火星に行けるチャンスに”一般人”の私が応募できるなんて思ってもみませんでした。 何千年に一度のこの機会を見物人として見過ごすなんてできません。 自分もこのような人類の歴史的なプロジェクトにかかわりたいと思い応募しました。 

人類進化の最前線に立って、新しい社会、文明を築く一員になりたい!

 

2013年6月、マーズワン財団の応募する火星移住希望者に応募。応募者総数20万2256人の中から、一次選考通過1058人の一人に選ばれる。 その中で日本人は10人。 2014年、メディカルチェック通過。 2015年2月、二次選考面接通過し、100人のファイナリストとして残っている。 最終選考は、2017年後半に予定されている。

 

私がマーズワンに提出した自己紹介ビデオ:

 https://community.mars-one.com/profile/1976d522-1db2-4e5c-bef4-9cbb39ba9be2

 

2017年 チリ アタカマ砂漠 火星シュミレーション調査隊 標高 〜 6000m 

2009年 ネパール アッパードルポトレッキング 標高3000 ~ 5000m

2006年 サハラマラソン 7日間自給自足 210km 完走

2005年 山形県出羽三山神社 山伏修行 悦浥を授かる

2002~2003年 7494km 日本徒歩縦断チャリティーウォーク Japan On Foot Project   

1994年~1996年               世界一周バックパッキング

 

  - Open the First Sushi Stand on Mars  - 

At 10 years old, I got my first telescope.  Every night, I was looking at Jupitar (not Mars at that time).    At college I studied archaeology in Tokyo and luckily I got a scholarship to study in US.   Then, I saw the dawn of "Internet" in US.  Immediately I was drawn into computer science and gradudated with it.

 

I have worked in IT industry for 20 years and enjoyed my work very much.  I completely forgot about my childhood dream.   During various overseas business trips and private trips I made,  I had to eat "terrible Japanese food" outside Japan.  This made me think "I need to do something."   I left IT industry and decided to become a chef to teach Japanese gastronomy outside Japan.  Since 2011, I have lived and worked in Mexico.

 

Why I applied for Mars One:

 In 2013, I found Mars One press release while I was staying at Puerto Williams in Chile, the southern-most-point of the continent of South America.  When I read the press release, suddenly my childhood dream came back to me.  I was looking at Beagle Strait where Charles Darwin had explored 180 years ago.   Did Charles Dawin influence on me?  I don't know.  

 

I could never imagine such a great opportunity to go to Mars was given for everyone, an ordinary person like myself.   This is once in a millennium of opportunity in human history and I cannot just be a bystander.  I need to be involved in this great porject for humanity. 

 

want to be at the forefront of human evolution and take a part of building a new society and civilization!

  

2017               Mars Analog Atacama Research Simulation alt ~ 6000m

2009               Trekking in Upper Dolpo region in the northern Nepal  alt. 3000 ~ 5000m

2006               Sahara Marathon 210km-7-days self-sufficient enduarance race 

2005               Receive training as  "Yamabushi" ascetic mountain priest at Dewa-sanzan mountain, Yamagata Prefecture in Japan.

2002 ~ 2003  Japan on Foot Project - 7,494km zigzag charity walk.

                       http://www.amazon.com/…/B00…/ref=cm_sw_r_fa_dp_kvEBub1TSYKV8

1994 ~ 1996  Around the world backpacking.

My public profile video for Mars One:

https://community.mars-one.com/profile/1976d522-1db2-4e5c-bef4-9cbb39ba9be2