Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

マーズワン 火星移住への道

応募者総数 20万2586名 => 一次選考通過 1058名 => メディカルチェック通過 705名 => 660名 二次選考通過 100名 => 三次選考へ

Header image: Courtesy of Bryan Versteeg and Mars One www.mars-one.com. All rights reserved.

Moving to the Red Planet

BBCラジオ4の番組 "Moving to the Red Planet"(英語)で、火星探査やマーズワンが取り上げられています。 マーズワン、チーフメディカルオフィサーのクラフト博士と候補者の一人のライアンがインタビューされています。 そのほか、ハワイの火星シミュレー…

英国の冒険家エイドリアン・ヘイズとのライブQ&A

英国の冒険家であるエイドリアン・ヘイズ(Adrian Hayes)がマーズワンのアドバイザーになりました。 メンタル面、フィジカル面のアドバイスをマーズワンの候補者にしてくれるようです。 2月6日 (2PM~3PM GMT)、ライブ中継で彼が皆さまのご質問にお答えします…

マーズワン第三次選考のドキュメンタリー番組制作についての提案募集

今年2017年後半予定の第三次選考について、ドキュメンタリー番組制作の提案を募集しています。 締め切りは、2017年2月1日9AM CET。 番組制作の目的: ドキュメンタリー番組は、教育性、娯楽性、情報性、感動性の観点からバランスがとられていなければならな…

マーズワンベンチャーがドイツの証券取引所で上場

年末、マーズワンベンチャーの株式がドイツのフランクフルト取引所で静かに取引開始になりました。 トランプさんの影で話題にもなっていないと思います。 マーズワンベンチャーは、非営利団体のマーズワンとは別に、商業部門として設立され、マーズワンを経…

千年に一度かもしれないチャレンジングな仕事

米国の大統領選挙の影で気がつかれないかもしれません。 マーズワン財団がマーズワンベンチャーズという新会社を設立しました。 マーズワン財団(非営利)がプロジェクトマネージメントと人材選考・育成を担当し、新会社のマーズワンベンチャーズ(商業的)…

お知らせ:マーズワンVIPイベント

(上:2015年のVIPイベントの風景) 6月3日、オランダのアムステルダムにて、マーズワン主催のVIPイベントが開催されます。 マーズワンプロジェクトの関係者(アドバイザー、アンバサダー、投資家、スポンサーなど)が一同に集まり、プロジェクトの進…

Mars One: Humanity's Next Great Adventure が出版された!

My original book review (in English) can be found at www.amazon.com . マーズワンはいつも論争の真っただ中にいる。 今までにないユニークな候補者の選考方法、通常の宇宙開発プロジェクトでは使われないビジネスモデルなど、批判され、そしてよく誤解さ…

宇宙長期フライトのヒューマン・ファクター専門家たちが監修したマーズワンの本が出版

ドクタークラフト レイ・キャス博士 ジェームズ・キャス博士 (写真:www.mars-one.com マーズワンHPより) 新年明けましておめでとうございます。 いつか火星からこんなごあいさつができればいいなと想像しながら書いています。 今年は、マーズワンにとって…

火星へ行くファイナル4人を選ぶには

”マーズ4”を選ぶ by Vince on Thursday, 12th November 2015 in Astronaut Selection 前回は、 100人から正式に訓練を受ける24人はどのように選ばれるのを説明した。 引き続き、マーズワン候補者選考責任者のノルバート・クラフト博士に、火星へ行く最…

マーズワンはどのように予算を割り出したのか?

マーズワンはどのようにして60億米ドルという金額を割り出したのか? by Natasha Schön on Tuesday, 25th August 2015 in Expert Opinions アルノ・ヴィルダーズ(Arno Wielders),マーズワン 共同創業者でありCTO(最高技術責任者)である彼は、欧州宇宙機関の…

火星で”液体の水”発見は、マーズワンのミッションに影響するのか?

先日のNASAの発見は、マーズワンのミッションに影響するのか? by バス・ランスドルプ on Thursday, 8th October 2015 先日NASAから、火星表面で暖かい季節には液体の水が存在すると発表があった。 これは、NASAのMRO (Mars Reconnaissance Orbi…

Destination Mars 火星へ

マーズワンプロジェクトについてのショートドキュメンタリーがリリースされました。 CuriosityStreamという上質のドキュメンタリー映画をインターネット上で配信しているサービスで観られます。 15分くらいの短編で5つに分かれていて観やすい長さです。 有…

マーズワン選考プロセスについて ドクタークラフト氏が回答する!

マーズワン候補者選考プロセスについて - ノルバート・クラフト博士が皆さんの質問に答える - by Natasha Schön on Wednesday, 9th September 2015 in Expert Opinions 2015年2月16日、次の最終選考へ進むマーズワン100人の候補者が発表された。 この発表で…

最終選考の概要が発表された!

100人から24人を選ぶには? by Vince on Tuesday, 14th July 2015 前回の特集では、どのようにMars100の候補者が選ばれたのかを説明した。 今回はどのように100人のファイナリストから24人を選考するのかを、選考プロセス責任者であるマーズワンチ…

火星で人類が生存するには

パラゴン・スペース・デベロプメント社 マーズワンミッションのコンセプトデザインを発表 2015年7月1日、火星居住環境制御及び生命維持システム(Surface Habitat Environmental Control and Life Support System - ECLSS)に関するコンセプトデザインがマー…

マーズワンCEO バス・ランスドルプ氏 ミッションの実現可能性への疑問について答える

(注*下記は2015年3月19日マーズワン発表のプレスリリースを、読者の皆さまの利便性を考慮し、私個人が日本語翻訳いたしました。マーズワン財団が承認したものではありません。 翻訳の内容に疑問をもたれる方は、以下原文のプレスリリースをご参照いただけ…

Round 3 三次選考へ進むのはこの100名だ!

厳しい選考結果がでました。 候補者選考責任者のドクター・ノルバートクラフト氏のコメント: 個人として優秀だからといって、必ずしも最高のチームプレイヤーにはならない。 今後予定されている様々なチャレンジに対して、今回選ばれた候補者達が、どのよう…

2018年火星に行くのはどの大学のプロジェクト?

2018年、マーズワンは火星に向けて最初の無人ミッションを送ります。搭載するペイロードのひとつは、世界中の大学から募集した研究プロジェクトです。 最終選考に残った10件のプロジェクトからひとつを選びます。 このミッションに使用する着陸機(ラ…

ラウンド2(第二次選考)がいよいよ始まります!

これからチーフ・メディカル・オフィサー ノーバート・クラフト氏による663名の候補者を約100名まで絞る厳しい個別面接が始まります。 ドクタークラフト氏とは、2014年3月にスイスで行われたマーズワンの集まりでお会いしたことがあります。 以前はロシア…

シミュレーション基地(アウトポスト)についてのQ&A

クリスチャン・ヴォン・ベングストン Kristian von Bengtson スペース建築家, アウトポスト&カプセル担当プロジェクトマネジャー 2014年11月28日、Natasha Schoenとのインタビュー シミュレーション基地アルファは、マーズワンにとって最初の訓練拠点になる…

ラウンド2審査の取材オファー

マーズワンからプレスリリースが出た。 Opportunity to get exclusive filming and broadcasting rights of the Round Two Candidate interviews - Press Releases - News - Mars One 次のラウンド2の審査、663人の候補者の誰かのインタビュー風景を取材…

マーズワン シュミレーション基地の候補地を募集

Credit: Mars One www.mars-one.com All rights reserved. マーズワンがシュミレーション基地の設営地を探しています。 極地や砂漠気候が火星に類似しているのでシュミレーション場所にはいいとされています。 もし、火星のシュミレーションにちょうどいい土…

マーズワン 2018年打ち上げ予定の無人着陸船に搭載するペイロードの提案を募集

マーズワンは、2018年打ち上げ予定のデモ用無人着陸船の余剰分のペイロードスペースを一般に開放することにした。 1つは、世界中の大学に呼びかけ、科学実験、技術のデモンストレーション、その他エキサイティングなアイディアを募集する。 興味のある…

マーズワンのメディアパートナーがついに決定!

世界30カ国に拠点を持つ独立系では世界最大のメディア会社エンデモル(Endemol) グループの英国拠点であるダーロー・スミスソン・プロダクションズ(Darlow Smithson Productions)が、マーズワンプロジェクトのメディアパートナーに決まった。 これから始…

よくある質問: なぜ経験ある宇宙飛行士の中から選ばないのでしょうか?

今まで知られている宇宙飛行士の方々のバックグラウンドは、パイロット出身であったり、医者、エンジニア、ロケット専門の科学者などです。 マーズワンプロジェクトの候補者のもっとも重要なスキルは、グループとして機能できるかどうかです。 そのような人…

ラウンド2 第二次面接審査へ進むのは候補者705名!

マーズワン本部は、各大陸からメンバーを選び、国際混成チームを目指している。 多様性のあるチームができそうだ。 アメリカ 204名 カナダ 54名 インド 44名 ロシア 36名 オーストラリア 27名 英国 23名 南アフリカ 19名 スペイン 17名 ブ…

次の地域審査へ進む706人が選ばれる!

今日、待ちに待ったマーズワン審査委員会からメールが来た! 書き出しはこうだ。 We're writing you today to confirm that you are one of 706 candidates that will be invited for an interview in your region with a Mars One selection committee. 本…

元 NASAの技術責任者 Dr. Mason Peck氏 マーズワンプロジェクトのアドバイザーに就任

とても力強い助っ人がアドバイザーに入ってくれました。 Dr. Mason Peck氏のコメント: マーズワンプロジェクトは、太陽系の人類移住への第一歩だ。ずべての人類のために宇宙の平和利用における、米国と国際社会の相互の利益を見つけるられるよう力になりた…

応募者数 104ヶ国20万2256人 マーズワン第一次審査通過者 国別の内訳

世界107ヶ国から1058人が選ばれる 宇宙大国アメリカは、候補者数トップの28%(約300人)、すそのが広そうです。 ついで、カナダも7%の候補者を出しています。 最近火星に探査機を送ったインド5.8%、月面に探査機を着陸させた中国3.8%と人口…