マーズワン 火星移住への道

応募者総数 20万2586名 => 一次選考通過 1058名 => メディカルチェック通過 705名 => 660名 二次選考通過 100名 => 三次選考へ

Header image: Courtesy of Bryan Versteeg and Mars One www.mars-one.com. All rights reserved.

本:火星人になるには (Becoming Martian by Josh Richards)

映画「オデッセイ (The Martian)」を見て、マット・デイモンのように火星に行きたいと夢を抱いた方々がたくさんいるかもしれない。 でもこの本 ”Becoming Martian" は、火星に移住する最初の人類になるということはどういうことか、厳しい現実を突きつける。…

人類は火星に移住すべきか?

英国BBCのテレビ番組”ラウンドテーブル”で、”人類は火星移住すべきか”と題して討論が行われました。 マーズワン候補者ライアンが火星移住賛成派として参加。なかなかいいデスカッションになっているので、よかったら見てみてください。 www.youtube.com

”火星共和国”の国歌

将来の火星共和国の国歌ができたらしい。 バリトンの若い歌い手Oscar Castellinoさんのおかげで、歌に爽やかな感じがでています。 www.youtube.com

ライアンのインタビュー

英国のマーズワン候補者の一人であるライアンがウェザーチャンネルに出演。 とてもいいインタビューなのでぜひ見てください。 www.facebook.com

Human to Mars Summit

Human to Mars Summit 2017(人類を火星へ)が5月9日から米国のワシントンDCで3日間にわたり開催されています。 火星関連の様々なディスカッション、発表などが以下のリンクでライブで視聴できます。 こんな中味の濃いプログラムが無料で視聴できるなんて、…

よくある勘違い

エイプリルフールも過ぎたので、この手のジョークはもうないはずなんだけれど、記事を書いた記者さんが勘違いしたのだろう。 以下の記事(4/26付)の見出しが『トランプ大統領、任期終了までにマーズワンミッションの実現を要望する:NASAは困難だと回答』 マ…

カッシーニ 最後の旅

20年間続いた探査機カッシーニの最後の旅がいよいよ始まる。 NASA at Saturn: Cassini's Grand Finale - YouTube 燃料切れになるカッシーニがタイタンやエンケラドス(生命体がいる可能性がある)を汚染しないようにするため、土星の大気圏突入という方法に…

久しぶりに眠れない夜を過ごした

NASAからまたときめくような発表があった。 土星の衛星のひとつエンケラドス(エンセラダス)には、生命を育めるような環境(habitability)が揃っているらしいと。 時間のない方は、この2分ほどの短いビデオを見ていただければ今回の発表の概要がわかります…

Moving to the Red Planet

BBCラジオ4の番組 "Moving to the Red Planet"(英語)で、火星探査やマーズワンが取り上げられています。 マーズワン、チーフメディカルオフィサーのクラフト博士と候補者の一人のライアンがインタビューされています。 そのほか、ハワイの火星シミュレー…

英国の冒険家エイドリアン・ヘイズとのライブQ&A

英国の冒険家であるエイドリアン・ヘイズ(Adrian Hayes)がマーズワンのアドバイザーになりました。 メンタル面、フィジカル面のアドバイスをマーズワンの候補者にしてくれるようです。 2月6日 (2PM~3PM GMT)、ライブ中継で彼が皆さまのご質問にお答えします…

マーズワン第三次選考のドキュメンタリー番組制作についての提案募集

今年2017年後半予定の第三次選考について、ドキュメンタリー番組制作の提案を募集しています。 締め切りは、2017年2月1日9AM CET。 番組制作の目的: ドキュメンタリー番組は、教育性、娯楽性、情報性、感動性の観点からバランスがとられていなければならな…

マーズワンベンチャーがドイツの証券取引所で上場

年末、マーズワンベンチャーの株式がドイツのフランクフルト取引所で静かに取引開始になりました。 トランプさんの影で話題にもなっていないと思います。 マーズワンベンチャーは、非営利団体のマーズワンとは別に、商業部門として設立され、マーズワンを経…

千年に一度かもしれないチャレンジングな仕事

米国の大統領選挙の影で気がつかれないかもしれません。 マーズワン財団がマーズワンベンチャーズという新会社を設立しました。 マーズワン財団(非営利)がプロジェクトマネージメントと人材選考・育成を担当し、新会社のマーズワンベンチャーズ(商業的)…

スキアパレッリ着陸実験モジュールについて

マーズワンのアドバイザーでもあるメイソン・ペック博士が、スキアパレッリ着陸実験モジュールについてニューズウィーク(米国版)に寄稿している。 www.newsweek.com 写真上:NASA's Mars Reconnaissance Orbiter (MRO)が火星上空から取ったスキアパレッリ…

ESAの「スキアパレッリ」がもうすぐ着陸?

日本時間10/20 (木)7:40am (19 Oct 2016 CEST 17:40hrs)より 欧州宇宙機関の火星着陸実験モジュール「スキアパレッリ」(Schiaparelli)が着陸予定。 以下のページでライブ中継されます。 livestream.com

Mars One CEO バス・ランスドープ - インタビュー By CNN -

マーズワンCEOのバースさんがCNNの『Out of This World”』という番組でインタビューを受けたようだ。 edition.cnn.com

イーロン・マスクの惑星間輸送システムが発表された!

SpaceXCEOのイーロン・マスクのスピーチをやっと見ました。 まだ見ていない方は、以下のリンクからどうぞ。一時間ほどで、いろんな情報が満載です。 特にロケットが好きな方にはたまらないでしょう。 火星に移住したい方は、これからの将来設計に役立ててく…

イーロン・マスクの火星計画スピーチ

9月27日(火)現地メキシコ時間13:30(日本時間28日深夜3時半)より、メキシコ、グアダラハラで開催されているIAC 国際宇宙会議にてイーロン・マスクのスピーチ(タイトル"Making Human a Multiplanetary Species")が始まります。 楽しみです。 ww…

火星協会の国際大会が開催

9月22日~25日までアメリカのワシントンDCで火星協会の国際大会が開かれています。 無料のライブ中継で火星関連の最先端の発表を視聴することができます。 The Mars Society (ウェブ中央のLive Streamingをクリックしてください) 大会のスケジュールは以下…

9月27日 イーロン・マスクが火星移住計画を発表!

9月27日、メキシコ、グアダラハラで行われる国際宇宙学会 IAC(International Astronautical Congress) で、スペースX社のイーロン・マスク氏が火星移住計画を発表します。 私はメキシコ在住なので、この歴史的なスピーチを聞きたいと思っていますが、学会…

二酸化炭素を太陽光でエネルギーに変える方法

夢のようなブレイクスルーがあったようだ。 二酸化炭素を太陽光を使って光合成し、炭化水素ガスの燃料に変えてしまう。 火星の大気の95%はCO2なので、将来の火星でのエネルギー生産に役立ちそうだ。 ついでに地球の二酸化炭素問題もこれで解決か? phys.o…

マーズワンのミッションコスト

ミッションコストについて アルノ・ヴィルダースが回答する by Natasha Schön on Wednesday, 29th June 2016 アルノ・ヴィルダースは、マーズワン共同創業者で、最高技術責任者でもあり、ESAの欧州宇宙技術研究センター(ESTEC)で新惑星ミッション研究のペイ…

マーズワン クラフト博士 次の選考プロセスの概要を発表!

チーフメディカルオフィサーのクラフト博士が次の選考プロセスについて説明しています。 簡単な英語ですので、ぜひ聞いてみてください。 以下はさらに詳しく説明しています。 100名から40人にまで減らす過酷なグループチャレンジが待っています。 www.y…

5月末~6月初の週は、火星と土星が見どころです!

北半球では、南東の空のさそり座を間に挟んで向かいあって赤く輝く火星と黄金色に輝く土星が見えるようです。 www.youtube.com

火星が地球に最接近中!

昨日の日曜日は火星、地球、太陽が一直線で並ぶ、二年二か月に一回の出来事がありました。 来週5月31日火星が地球に7528万kmまで最接近します。 地球の公転周期が365日、火星が687日かけて太陽の周りを一周するので、火星が地球に追いつく(最接…

Human to Mars Summit 2016

日本では伊勢志摩サミットが開かれるようですが、アメリカのワシントンDCでは、ヒューマン・トゥー・マーズ・サミットが5月17日~19日まで開催されています。 人類を火星へ送るにはどうしたらいいのか、技術、科学、政治のさまざまな角度から関係者がそ…

お知らせ:マーズワンVIPイベント

(上:2015年のVIPイベントの風景) 6月3日、オランダのアムステルダムにて、マーズワン主催のVIPイベントが開催されます。 マーズワンプロジェクトの関係者(アドバイザー、アンバサダー、投資家、スポンサーなど)が一同に集まり、プロジェクトの進…

今まで興味がなかったが・・

正直に告白すると、今まであまりロケットには興味がわかなかった。 火星へ行くのは、旧式のロケットであろうが、なんであろうが、どんな交通手段でもいいと思っていたから。 でも、打ち上げされた後、戻ってきてくれるロケットを見てからは、愛情がわくよう…

ブルー・オリジン社が3回目の再利用に成功!

アマゾンドットコムCEOのジェフベソス率いるブルー・オリジン社が再利用可能なロケットニュー・シェパード(同じハードウェア)の3回目の再利用に成功した。 おめでとうブルー・オリジン! 宇宙旅行がみんなの手に届く日は近い。 www.youtube.com https://w…

マーズワン候補者の横顔

マーズワンの100名の候補者にはどんな方々がいるのかを紹介します。 昨年の火星協会の国際大会で3名ともお会いしたことがあります。 みんな個性があり、話していて楽しいし、話が尽きることはありません。 ソーニャ・ヴァン・メーターは、ワシントンDCで…